• ホーム
  • 水泳と舞茸で簡単ダイエットをする

水泳と舞茸で簡単ダイエットをする

ダイエットには適度な運動が必要ですが、多くの運動の中で水泳が最も適しています。
水泳は消費カロリーが高く、ウォーキングやジョギングより効果的にダイエットできます。
体質改善に大きく関わっており、水泳によって脂肪を燃焼する遅筋が鍛えられます。
すると基礎代謝がアップするので、脂肪を燃焼しやすくなります。
カロリーを気にして無理な食事制限も行わなくなるため、リバウンドの心配がありません。

クロールは足全体で水面を蹴り、平泳ぎは足の裏を使って泳ぎます。
クロールは上半身を多く使うので、腕のシェイプアップにも効果があり、効率良く筋肉を動かすことができます。
一方で平泳ぎは、下半身を中心にダイエットしたい人に適しています。
足を細くする目的ならば、足全体をしならせることで進むバタ足を続けます。
ポイントは、泳ぐ距離を長くすることです。

しかしあまり頑張りすぎると無酸素運動になってしまいます。
無酸素運動をすると休憩時間が増えて、再び泳いで有酸素運動になるまで脈拍を整える必要があるので、ゆったりとした動きで脈拍があまり上がらないように泳げば自然と有酸素運動ができます。

またダイエットをしている時の食事に、舞茸を入れると良いです。
きのこ類には食物繊維が豊富に含まれており、便秘解消に効果があります。
そして舞茸にだけ含まれるダイエット成分として、MXフラクションがあります。
MXフラクションは血中の悪玉コレステロールを分解するので、代謝を高めます。
体内に蓄積された内臓脂肪が減るため、痩せやすい体になります。
舞茸を調理する時は、熱に弱いMXフラクションを破壊しないように、素早く加熱して煮汁まで飲めるような味噌汁や鍋が良いです。

関連記事